A Long Ride / Touring : へたれヲヤヂの自転車的日常

なんとなく再開してみますた     
トップスポンサー広告 → スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • --/--/--:--
  • スポンサー広告
  • CM:(-)
  • TB:(-)

  • ↑■参加中です。よろしくネ■↑  
    ご贔屓に、えりゃぁどうも!
    トップ補助輪はずし → ちょぉん、ちょぉん、すーーっ

    ちょぉん、ちょぉん、すーーっ

    娘のペダルを片方外した。最初は脚を地面から上げてもバランスさえ取れれば転ばずに進む、ということと、転びそうになったら降りることを覚えた。といっても20cmぐらいしか足は浮いてない。でも本人はできたと嬉しそうなので、小さな成功を気長に続けようと思っている。

    で、ちょぉんという擬音は足のステップ。すーっ は足浮き状態の擬音w これに今週末は オトウサンの通勤イトーヨーコ号のペダルを思いっきり下げて お手本を見せてやるつもりだ。

    ワタシはたぶん小学校に上がってから自転車を与えられたと思うが、何度か転んで転んで、あるひ突然後ろを支えてもらいながらペダルを漕いだのが成功して 初めて乗れるようになったような気がする。

    ペダル外しの他にいい教え方があれば、逐次やってみたい・・

    ワタシの従兄弟(男)は 小学校の時5年ぐらいまで自転車に乗れなかったけどワタシよりも先にロード乗りになったので、早ければ良いとも限らない。特に 彼の場合は 大学でワタシの友人の友人(女)が偶々小学校の幼馴染ってことがわかって盛り上がった時に、こんなエピソードを話してくれたことを思い出した。

    「彼は 私が引っ越したとき、私の家まで他の男の子は自転車だったけど、彼だけは走ってきてくれたんだよ。」

    ワタシが今でもハッキリと覚えているので、彼女にとってはもっと鮮明な出来事だったんだろうなぁ。乗れるまでのプロセス 何が起こるのやら・・・娘は今のところ10分練習、20分他の遊びというペースwww
    スポンサーサイト
  • 12/01/02:16
  • 補助輪はずし
  • CM:(2)
  • TB:(0)

  • ↑■参加中です。よろしくネ■↑  
    ご贔屓に、えりゃぁどうも!
    私の自転車デビューは小学1年生だったかな。天地真理のシンデレラ号(年がばれる)が最初の自転車でした。
    「補助輪」は買ってもらった1週間後には外してしまいました。3歳年上の兄に「補助輪」をからかわれるのが悔しかったのです。
    近所の公園で母親に荷台を支えてもらって練習。支えてくれているという安心感で公園の中を1周していたら、母親が目の前に!ということで、奇跡的にあっさりと乗れるようになってしまいました。
    子供心にとても有頂天だったことを憶えています。
    2006/12/01(金) 18:02:05 | URL | ぺんぎん #-[ 編集]
    ぺんぎんさん どうも~

    シンデレラ号ですか。いい!天地真理懐かしいです。
    ワタシも妹がいるのですが、自転車以外ではからかってましたw 彼女も悔しかっただろうなあ。

    お母さんが支えてくれてたんですね。なんか あっという間に あっさり という感覚だったとワタシも思います。 アナターヲマツノォテニスコヲートー
    2006/12/02(土) 15:59:01 | URL | しいちょ #-[ 編集]
    URL
    コメント
    パスワード
    秘密
    管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバックURLはこちら
    http://aurorapedal.blog28.fc2.com/tb.php/152-db6400be
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。